星期一,音樂廳:被生命所厭惡 by カンザキイオリ 【內含中日歌詞】


music monday
安安 我是禾翌
關於這首歌 我很喜歡他的無力感
也許喜歡一首歌的原因在於歌曲會講出自己的心聲來吧
就像是有人能夠了解自己一樣








中日歌詞

翻譯by Eko

死にたいなんて言うなよ。」
「不要说想死这种话。」
「諦めないで生きろよ。」
「不要放弃继续活下去。」
そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。
这种曲子居然是正确的简直太可笑了。
実際自分は死んでもよくて
实际上是自己死了也无所谓
周りが死んだら悲しくて
但是如果周围的人死去就会悲伤
「それが嫌だから」っていう
「我就是讨厌那种场面」
エゴなんです。
一种自私的想法而已。

他人が生きてもどうでもよくて
别人活下去了也与自己毫不相干
誰かを嫌うこともファッションで
讨厌某个人也不过为了追逐时髦
それでも「平和に生きよう」
即使如此还能说出「平稳地活下去吧」
なんて素敵なことでしょう。
这种冠冕堂皇的漂亮话。
画面の先では誰かが死んで
画面背后有人死去
それを嘆いて誰かが歌って
有人心生哀叹为其谱曲
それに感化された少年が
而被曲子感化的少年
ナイフを持って走った。
拿着小刀跑了起来。
僕らは命に嫌われている。
我们被生命厌恶着。
価値観もエゴも押し付けて
把价值观和自私自利的想法推诿于他物
いつも誰かを殺したい歌を
总是简单地用电波
簡単に電波で流した。
播放意欲杀掉某人的歌曲。
僕らは命に嫌われている。
我们被生命厌恶着。
軽々しく死にたいだとか
轻飘飘地说出「想死」这种话
軽々しく命を見てる僕らは
如此轻贱生命的我们
命に嫌われている。
被生命厌恶着。

お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する。
因为没钱今天也心安理得地瞌睡着度过了一天。
生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。
看不出有什么活下去的意义,明知无用却还在继续呼吸。
「寂しい」なんて言葉で
「寂寞」怎么能因为这种借口
この傷が表せてもいいものか
给别人展示这道伤口呢
そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る
今天也怀着如此固执的想法独自一人进入睡梦
少年だった僕たちは
曾经都是少年的我们
いつか青年に変わっていく。
总有一天会变为青年。
年老いていつか枯葉のように
年老之后会如枯叶一般
誰にも知られず朽ちていく。
在不为人知的情况下腐朽。
不死身の身体を手に入れて、
如果能得到不老不死的身体
一生死なずに生きていく。
就可以永远活下去。
そんなSFを妄想してる。
妄想着那种科幻小说里的场景。

自分が死んでもどうでもよくて
即使自己死去也无所谓
それでも周りに生きて欲しくて
但是又希望周围的人能活下去
矛盾を抱えて生きてくなんて
如果怀抱着矛盾活下去
怒られてしまう。
会惹别人生气的。
「正しいものは正しくいなさい。」
「正确的东西就要以正确的形式存在。」
「死にたくないなら生きていなさい。」
「不想死就活下去。」
悲しくなるならそれでもいいなら
如果愿意身陷悲伤之情
ずっと一人で笑えよ。
那就一直一个人笑下去吧。
僕らは命に嫌われている。
我们被生命厌恶着。
幸福の意味すらわからず、
不知道幸福的意义
産まれた環境ばかり憎んで
只会去憎恨与生俱来的环境
簡単に過去ばかり呪う。
只会一味地诅咒过去。
僕らは命に嫌われている。
我们被生命厌恶着。
さよならばかりが好きすぎて
偏好诉说分别的言语
本当の別れなど知らない僕らは
却根本不了解生离死别的我们
命に嫌われている。
被生命厌恶着。

幸福 离别 爱情 还有友情
滑稽な夢の戯れで
都是美梦中的滑稽儿戏
全部カネで買える代物。
全部都可以用金钱质换。
明日、死んでしまうかもしれない。
可能明天就会死去。
全て、無駄になるかもしれない。
可能一切都会毫无意义。
朝も 夜も 春も 秋も
在早晨 夜晚 春天 秋天
変わらず誰かがどこかで死ぬ。
不变的是总有人在某处死去。
夢も明日も何もいらない。
无论是梦想明天还是任何东西都不需要。
君が生きていたならそれでいい。
只要你能活着就好。
そうだ。
没错。
本当は
原来我
そういうことが歌いたい。
是想唱出这样的曲子啊。

命に嫌われている。
被生命厌恶着。
結局いつかは死んでいく。
结果总有一天会死去。
君だって 僕だって
无论是你 还是我
いつかは枯葉のように朽ちてく。
总有一天会像枯叶一样腐烂。
それでも僕らは必死に生きて
即使如此我们也会拼命活下去
命を必死に抱えて生きて
拼命背负着生命活下去
殺して あがいて 抱えて 笑って
抹杀 挣扎 背负 欢笑
生きて、生きて、生きて、生きて
活着 活着 活着 活着
生きろ。
活下去。

星期一音樂廳系列











Next Post較新的文章 Previous Post較舊的文章 首頁

Copyright 紀由屋 - KikyuS | 設計by 賢人
使用Blogger平台呈現。